主婦をしながら漫画・イラスト制作してます。常夏さわやのブログ

リプライの後で思った国政と国民のすべきこと

 
この記事を書いている人 - WRITER -
常夏さわや(tokonatsu sawaya) 1981年神戸市生まれ 現在埼玉県川口市で夫と二人暮らし。  まんが、イラストの受注製作をしています。

先日書いたブログ「れいわ新選組の応援をやめた理由」を投稿し
twitterでお知らせした所
twitterを介してたくさんの方とお話ができました。


はじめは反応が薄かったので「誰も関心ないか。」と思ったのですが
だんだんとリツイートしてくださる方やリプライくださる方が現れて
毎日1時間位返信を打っていました。
共感してくれた方もそうでない方も濃い話をして下さって嬉しかったです。
ブログ記事以上の内容をtwitter上の会話でしていた気がします。
Facebookでは知っている方からのコメントが多かったのですが
twitterではこれをきっかけに繋がった方も居て感激します。
皆さんリプをありがとーございまーす\(^o^)/

 

色んなお話ができて
改めて思ったのが国の財政問題です。
「新たにお金を刷って配ればいい」というのを信じられるか否か。
私は使える手段と思っているのですが野党各党の支持者の方々は
将来的に負担が増すのでは?と恐れているようです。
この恐怖はなかなか凄いです。
私も2017年くらいの頃は金子勝氏の話を聞きまくっていて
ハイパーインフレを恐れまくっていましたから分かります。
私は三橋貴明氏や池戸万作氏の話を聞くようになり
ハイパーインフレよりデフレの方が怖くなりました。
(私って人の話をききすぎ?)

お金を刷って配るのが今の政府だったらお金がうまく回らない気がします。
だから政権交代が必要だし新しい政権には正しくお金を使ってもらいたいです。
正しくって分かりにくいですが
とりあえずはコロナ経済対策で国民全員に毎月20万円くらい配ってくれて
お店や工場をされている方に粗利保証をして
福祉、医療、教育、保育、
水道等のライフラインの更新維持費に国からの投資を増やしてほしいです。
国がやらねばならないことをちゃんとやってほしいと思います。

多くの方がお金を刷ってこういった事をやっても
税収が増えるイメージができないのかもしれません。
お金を使ってばかりでツケ払いの負担が増す気がしますが
とりあえずの話から進んで投資してほしいのです。
どの業界でもそうですが働く人々にお金が回れば経済が活性化します。
福祉や医療、教育、保育は人手がかかります。
教育で学力が伸びればできることも増えるはずです。
国家規模の投資が回収できる期間はある程度かかるでしょうが
将来の負担が増えるのではなく将来の儲けが増えると思ってほしいです。
国全体に安心感が広がるだけで景気が回復しそうな気がします。

それでも不安だとしたら中身の問題なんだろうなって
どんな福祉をするのか?どんな医療を?どんな教育、保育を・・・
政府が変わっても投資先の中身が同じなら
儲けは出ずに穴あきバケツに水を入れるようなものかもしれません。
きりが無いって
そう思ってしまうのかもしれません。

野党共闘で政権交代して
各党の人材が大臣の座について投資と改革をやってくれないかな?と思います。
今は野党共闘に期待をかけています。
そして
政治だけじゃなくて国民も変わる覚悟を固めないといけないなって思います。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
常夏さわや(tokonatsu sawaya) 1981年神戸市生まれ 現在埼玉県川口市で夫と二人暮らし。  まんが、イラストの受注製作をしています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© かきのタネ , 2021 All Rights Reserved.