主婦をしながら漫画・イラスト制作してます。常夏さわやのブログ

引っ越し屋業者の合い見積もりをとったら

 
この記事を書いている人 - WRITER -
常夏さわや(tokonatsu sawaya) 1981年神戸市生まれ 現在埼玉県川口市で夫と二人暮らし。  まんが、イラストの受注製作をしています。

引っ越し先が決まったら 何をどうしたらいいのか??

パッと分からなかった夫はネットで色々調べて

「引っ越し業者8社比較」というサイトに登録しました。

登録するなり勢いよく業者さんから電話やメールが来まして

連絡をくれた順に見積もりに来てもらう事にしました。

私と夫はそれぞれ一人暮らしの引っ越しは経験があるのですが

二人暮らしの引っ越しは初めてで幾らかかるとか見当がつかず

某サイトで見た数字から「7万円くらいかな?」と思っていました。

 

引っ越し業者の営業マンが約束の日時にうちに来て

ぐるりと我が家の全部の部屋を見て何があるのか確認し

この荷物を全部持っていくとして

この距離の移動ならこの値段ですねって

見積もり価格を提示してくれるのです。

そしたらそしたら~~~

(お値段は端数を省いて書いてます)

実は県を越えた引っ越しでけっこう距離があったのですね。

夫が毎日通勤しているから、そんなに離れていると思いませんでした(;^ω^)

業者さんは最初に見積もり価格を出した後

割引価格も出してくれました。

大体3万円くらい安くなるのですが

この場で契約しないとこの価格ではできませんってな値引きでした。

相場を知ろう!なんて思っていましたが

分を知ろう!と思い直したもんです(;^ω^)

タワーマンション37階に引っ越す人と木造アパート2階に引っ越す人は

同じ養生はしなくていいハズです。

大手の業者はどんなお客さんにも対応できるようになっているんでしょうが

自分たちに相応しい業者を選ばなければ、と思いました。

 

この9万円にしてくれた業者さんに決めました。

ズバリ「ファミリー引っ越しセンター」です!

宣伝費をあまりかけずに基本料金を安くしているとかで

口コミが頼りだって言ってました。

だから宣伝しておきましょう

ファミリー引っ越しセンター」はとっても安くしてくれます!

ワガママもかなり聞いてくれますーー!!

1日で4社に来てもらって、残りは別日だったんですが

もうこの日決まったんで後の会社は断りました。

順番はけっこう重要ですね。

これまでは引っ越しの見積もりは電話でしていたのですが

実際に来てもらって合い見積もりをとるのは面白かったです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
常夏さわや(tokonatsu sawaya) 1981年神戸市生まれ 現在埼玉県川口市で夫と二人暮らし。  まんが、イラストの受注製作をしています。

Comment

  1. hyaku hyow より:

    さわやさま、こんばんわ!

    テーマに合わせてコメントしようと思っています。引越しといえば、ネットの友だちがドイツから家族で日本にもどるので、一旦伺うのをしばらくやすみますとのコメントをいただいた。ネットの友だちがどこに引っ越そうが,ネットの世界ではご近所なので寂しくないんですが、リアルだと寂しいですね。

    引越し業者で何かあるかと思い出したら,写植の仕事もDTPの方に傾きだして減少して行きました。同業者が猫さんの引越しのバイトをしたというので、ぼくも1度やったことがあります。ぼろくそにいわれたり,中に入っている業者が威張ったりと、いい思い出はないですね。

    さわやさまは神戸に星電社という大きな家電店があったのをご存知でしょうか? さっき見たらkindleで1冊売れていたみたいです。2ヶ月ぶりかな。

    • 常夏さわや より:

      hyakuさま、おはようございます!

      テーマに合わせてコメントを下さってありがとうございます。
      ネットの友達は物理的な距離が関係ないですがリアルだと大アリですね(;・∀・)
      でもきっと友達はたまにしか会わなくても昨日会ったみたいなノリで語り合えますよ。

      引越し屋さんのバイトは過酷で有名ですね。
      けっこう下請け業者が多いとか。
      今回見積とった中で一番金額が高かった業者は下請けを使わず
      社員が現場に行くから人件費でお値段が高い。って言ってました。
      働く人が気持ちよく働けるのは大事なことだと思います。
      でも安い方に心惹かれます~~

      神戸の星電社は知ってますよ。懐かしいです(*´∀`*)
      kindle売れて良かったですね。
      出版して2ヶ月もたつと全然売れなくなりますよね(^_^;)
      続けて刊行できたらいいんですけど。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© かきのタネ , 2017 All Rights Reserved.