主婦をしながら漫画・イラスト制作してます。常夏さわやのブログ

AI 人工知能と人類の幸福について思うところ

2017/02/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -
常夏さわや(tokonatsu sawaya) 1981年神戸市生まれ 現在埼玉県川口市で夫と二人暮らし。  まんが、イラストの受注製作をしています。

人工知能と社会

 

人工知能(じんこうちのう、英: artificial intelligence、AI)とは、

人工的にコンピュータ上などで人間と同様の知能を実現させようという試み

或いはそのための一連の基礎技術を指す。

– Wikipedia

んーと。コンピューターが自分で学んで賢くなれるって事ですね。

自力で成長する力を持つ機械。それがAI 人工知能。だと思っています。

そんな、自力で成長出来たらいちいち教えなくていいし

教えなくても分かるということは人間を超える事ができるだろうって。

今、人間がやっている仕事は殆どAIがやれるようになるでしょうって。

これまでも数々の仕事が機械の仕事になっていきました。

規格があって大量生産する物はほとんど機械の仕事になって

おかげさまで色んな物が早く安く手に入り、庶民も物持ちになれました。

家電が普及して主婦の仕事が楽になり

女性の社会進出も進みました。

女性は昔に比べて社会的地位と自由を得たと思います。

大変な発展です。素晴らしいです。

 

機械は人を豊かにしてくれる印象が強いです。

しかしながら

戦後の焼け野原も復興しきってインフラも普及しきって

皆がある程度豊かになったので

もう、やることが無くなってきましたよ。

多くの人の勤め先も無くなりました。

代わりの仕事ってサービス業とか発展してきましたが

無理やり作ったような無くてもいいような仕事も増えた気がします(;´∀`)

 

単純で数の多い仕事は機械に任せて人間は人間にしかできない

もっと頭を使う仕事をしていきましょうって

仕事っていうのがどんどん難易度が増してきた気がします(;・∀・)

だから皆、いっぱい勉強し続けなければやっていけないし

人間にしかできない人間への気遣いをいっぱいして

神経すり減らして疲労困憊気味です。

確かにネット通販とかとっても便利です。

ネット上で多くの人に表現の場が広がったのも嬉しいことです。

これからもこの調子でどんどん発展していきましょう!って・・・

この発展の夢は人類総貴族化なのだと思います。

 

理想と現実と未来について

 

人類総貴族化・・・

皆、単純労働から解放されて

働かなくても食べていける世の中にして

人々は皆、歌や舞や雅を愛して

人に恋して美しく楽しく生きていけるような・・・

そんな、そんな理想があったんだと思います。

だからここまで発展してきたのだと思います。

古代からずっと

戦争して奴隷作って貴族になる人々ってあちこちに居るじゃないですか

人類が自然と思いつく事なんだと思います。

戦争しないで誰も奴隷化しないで貴族になるには

機械で新人類を作っちゃえばいいじゃん!って頭いい~~

しかし現実に問題視されているのは機械に仕事が奪われて失業者が出ることです。

多くの人が労働者のままで機械に対抗されてしまっています。

働かないと食べていけない世の中のままで・・・

あれ?って思いません?

人工知能の発展を支持する人々は人間の仕事は絶えず、これからも有るといいますが

リーダー格の人しかやる事が残らないのでは?と思います。

人を雇っていたような人々は仕事を人ではなく機械に任せれば

お給料や保険の面倒をみなくていいので、とても楽になると思います。

大いに嬉しいことでしょう。

これからの人工知能ならマンパワーすら出せるかもしれません。

アホで我が儘で面倒な人間なんかよりずっと仕事したい相手になるでしょう。

そして仕事を失った人間は努力が足らないとか脳無しとか言って

下げずまれ、貧困でも仕方がないって風にされそうです。

現時点で若者がそういう目にあっていますから

このままこの調子で発展していったら多くの人がより貧乏になるでしょう。

貧乏人は貧乏人同士の手仕事で生きていく気がします。

社会は分断されて

富める人間と貧しい人間の間に

血も涙もない機械達が層を成して立ちはだかるのではないでしょうか?

頭がいい人たちは狙ってやっていると思います。

自分たちの立場をより堅固なものにするために。

頭がそれほど良くない人たちは

「なんでこんな世の中になったんだろう?」って言いながら

今日をひたむきに生きるばかりで

お金がないからって学ぶ機会も失ってしまって

いつの間にか何の疑問も無く

富める人間を神のように崇めてそうな気がします。

(;´∀`)

ちょっと極端な妄想でしょうかね。

でもなんか

人類総貴族化は民主化とは違うんですね。

貴族は多くの人間の上に立ってナンボなのかもしれません。

ロボットではなく

自分と同じ人間の上に立たないと意味がない!

と思う人が一定人数居るのでしょう。

私は今、AIに関して人々が言っていることに

周到な理想のすり替えがある気がします。

今ここですり替えが成立しきっては人類に未来は無いと思います。

 

幸せに生きるには

 

機械とかシステムの発展の前に

本当は多くの人間の心の成長が無くてはならないのですが

それが一番難しい・・・・

多くの人間、民というのは

食べるために働いて

ご飯食べて寝てセックスして子供産んで育てて老いて

それでいいんですよ。

労働しないで貢献するとか、実はかなり難しいですし

貢献しないで幸せになるのもほぼ不可能な気がします。

お貴族様って幸せになりにくそうじゃないですか。

でも、あくせく労働に駆り立てられてると、ちょっと憧れてしまう・・・

そう、嫌なのは駆り立てられることですね。

自発的であれば、もしくは余裕持って取り組めたなら

労働と貢献は人類の最高の幸福です。

すべてがそこに紐付いていたから社会はうまく回っていたのに

これからどうなるんだー??

もう人間の営みなど壊してしまえ!と思っている人間が居ると思ってしまいます。

発展に果てがあって滅びがあるとは思わないのか?

それともそれは自然の摂理として皆でどうしようもなく流されているのか?

頭良くても悪くても自然の摂理で流されてしまうのかもしれませんね。

増えすぎた生き物は大体、食べ物を食べつくして集団で海まで行ってしまいます。

溺れ死んだり、大陸間を渡りきってしまったり

わずかに生き残りますがその時はもう弱い立場になっています。

人間が減って弱い立場になる頃、

AIを搭載して自分の頭で考えて行動できるロボットが地上を支配しているかも。

彼らはどんな理想を思い描くのか・・・(´∀`)

こんなの漫画的でしょうか?考えすぎでしょうかね。

私としては

色んな不安や憶測、問題や理想が拮抗している今だから言いたいのは

ベーシックインカムで月七万円総ての民に支給してくれよって事です。

AIの実用化はベーシックインカム実行後でお願いします!

技術の発展で皆が幸せになると考えるのはそろそろ止しましょう。

理想をすり替えられないように「技術発展よりも人間の生活が先だ!」って言いましょう。

 

ベーシックインカムについても書いていますのでまだ読んで無い方は是非読んでくださ~い

ベーシックインカムとはどんなものなのか?

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
常夏さわや(tokonatsu sawaya) 1981年神戸市生まれ 現在埼玉県川口市で夫と二人暮らし。  まんが、イラストの受注製作をしています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© かきのタネ , 2017 All Rights Reserved.