主婦をしながら漫画・イラスト制作してます。常夏さわやのブログ

王立宇宙軍オネアミスの翼展に行ってきました。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
常夏さわや(tokonatsu sawaya) 1981年神戸市生まれ 現在埼玉県川口市で夫と二人暮らし。  まんが、イラストの受注製作をしています。

昨日アップした描きかけ漫画ができました~(^O^)/

2018年10月13日(土)に展覧会へ行きました。その感想漫画と写真と解説です。

漫画は全4ページです。あとに写真と解説があります。

 

はい、漫画を最後まで読んで下さってありがとうございまーす。

「王立宇宙軍オネアミスの翼展」は、八王子夢美術館で11月11日(日)まで開催されています。

http://www.gainax.co.jp/wp/archives/post-6458/

サブタイトルに「SFアニメができるまで」とあります。

異世界構築や工業デザインなど興味のある方にお勧めです。

 

この展覧会は写真撮影OKでした。

ここからは、行きたくても行けないよーという方のために

撮ってきた写真をアップしていきますね。

↑文字、数字など

異世界のデザインをするにあたってまず作るのが文字だそうです。

これを作っておかないと看板とかパッケージとかデザインできないからって。確かに。

50音表のようなものを作ってて「ガイナックス」など綴れるようになっています。

印刷された状態とかデジタルで書き表すときの形も考えてあります。

↑創作文字、数字など

古来からの伝説をモチーフにした飾り文字。

聖書とか紋章とか聖なるものに使う文字。トーテムっぽい。

こういうのもしっかり考えてる~~ヽ(;▽;)ノ

異世界にもあるであろう歴史の厚み、文化です。

↑小道具など

机の上に散らかした文房具などもしっかりデザインしてます。

 

↑登場人物達

監督はキャラの容姿を「あまりカッコ良くしないように」と言ってたそうです。

アニメは人物をカッコ可愛くしすぎって。

リアリズムが遠ざかるのがイヤなんですね。

↑主人公シロツグ

アアアァァ( °∀°)ァァアアア エロい気持ちになってしまいます♥

私がどんなにかこのボードをパクって逃走したかったか分かりますか?

好きだ好きだシロツグ~~~

はじめて会った時は14歳も上だったのに、今は16歳も下だなんて~~

あなたが21歳だなんて未だに信じられない~~

↑主人公の同僚 ダリガン君

私はこのヒトも好きです♥

↑衣装デザイン

何人もの人が手がけた感じがよく分かる。

漫画家の藤原カムイ先生も描いていたそうですがどれだか分からなかったな~

↑イメージイラスト

世界観と空気感を感じます(*゚▽゚*)

↑街並み

形も角度もカッコイイし塗り方とか端っこの省略の仕方が上手で

達者な人の絵って感じがしてシビレます。

描くの速そう。

↑街並み

物語を語るためのアングルって感じがします。

 

↑路面電車

かわいい。この車両の内装のデザイン画もありました。

↑街並み

映画の最初の方に出てきた遊郭の入口。

すごいアイデアですね~

↑インテリア、カフェ

監督は「分からなくなったらアールヌーボーに逃げろ」って言ってました。

「ただしランプだけは描いてはいけない」とも(;^ω^)

↑車両

曲線美が異世界っぽいですね。アールヌーボーか?

乗用車だけじゃなくて働く車も大事。

↑飛行機(敵の戦闘機)

ヒトが鉛筆で描いた絵ですよ~

この、かっこいい角度を一発で決めて描いてるんですよ~ヽ(;▽;)ノ

↑バイクのエンジン

なんかホンマに動かせそう

↑バイク

細くてかわいい♥

これにあのエンジンが入っているのね。

↑工具

異世界の工具ですよ~

↑工場

異世界の工場ですよ~

この映画はロケットが着々と出来ていくところと

プロジェクトが進んでいる感じが見ていて面白いです。

↑建物屋上の電線

こんなのまで描くのか~~って思います( ̄▽ ̄;)

よく分からないけれど美しさを感じます。

↑ロケットの発射台

こういうのを腕利きの職人さんが下書きなしで紙の端から描いて埋めていくそうです。ヒエ~

ホントはもっとたくさん展示物も写真もあったのですが、写真も下手だしこの辺りで切り上げますね。

お疲れ様~

 

この展示を見ると

世界というのは多くの人の知恵と時間が積み重なって形を成しているんだと分かります。

異世界を描く際にそのことを重視して一人の人にデザインを任せず

大勢のスタッフにデザイン画を出させて没をいっぱい出して厚みを作ったそうです。

その厚みと丁寧な仕事が幾年月経ても私たちを魅了してやまないのでした。

 

絵的な話ばかりしてきましたが

この映画が作られた当時

アニメの評価が低く、東京ラブストーリーが世を賑わしていた頃

監督は「俺たちはそれでもやるんだよ」「立派にやってやるんだ」という

思いを映画に込めたといいます。

何のために宇宙に行くのか?

何のためにアニメを作るのか?

こんなことをして何になるというのか?

自問自答しながら迷いながらも前へ進もうとする。

いいことか悪いことかわからないけれど

我々の歩みもやがてこの世界の厚みの一端になっていき、未来へつづいていく・・・

自身の成長が人類の進化になる。

私、この映画のメッセージもストーリーも大好きです。

何度も励まされています。

 

↑普段ケチな私も今回はグッズを買いました。

Tシャツとクリアファイルとパンフとポストカード♪

31年前に公開された映画のグッズを手に入れることができるとは感激です!

↑飛行機の模型とか腕時計やネクタイピンも売っていました。

高いから手が出な~い♪

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
常夏さわや(tokonatsu sawaya) 1981年神戸市生まれ 現在埼玉県川口市で夫と二人暮らし。  まんが、イラストの受注製作をしています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© かきのタネ , 2018 All Rights Reserved.