主婦をしながら漫画・イラスト制作してます。常夏さわやのブログ

文庫本「老けない人の免疫力」を読んだ感想

 
この記事を書いている人 - WRITER -
常夏さわや(tokonatsu sawaya) 1981年神戸市生まれ 現在埼玉県川口市で夫と二人暮らし。  まんが、イラストの受注製作をしています。

自分の体がかったるいので

ファスティングとか断食道場とか宿便とか
調べているうちに「安保徹」先生の存在を知り
Amazonでこの本を見つけました。

「老けない人の免疫力」

これは絶対面白いでしょう。と確信を持って購入。
思った通り一気に読める興味深い内容でした。
薄い本ですがこれ一冊で健康面は全部OKだ!ってくらい網羅しています。

もう医者いらずです。

遥か昔から様々な菌に打ち勝ってきた人体はよくできていて
自然治癒力と免疫があるのでビビるんじゃないぞ、と。

この本を読んでリンパが球が白血球の一種と知りました。
また高体温が健康と若々しさに必須で
体温調整を担うのが自律神経なのだと。

昔の医者は薬草などから弱い薬を処方していましたが
昨今の薬は強く効きすぎる上、副作用が多い。
医者は副作用に目を配らずに処方箋を書いてしまっている。と

もうね、このあたりはめっちゃ頷きます。

私も副作用が本作用よりよく効く薬をいっぱい飲んできました。
毒です。

「タミフル」について一章、書かれていまして

タミフルを飲んだ十代の子達に窓から飛び降りたり車の前に飛び出したり
異常行動をする事例が多々有って(2005年辺り)
厚生労働省はタミフルを未成年への処方を禁止にしたのですが

なぜ全面禁止にしないのかと。
「犯罪と言っても過言ではない」と言ってくれて痛快でした。
お医者さんが言ってくれて嬉しいです。

ガンについても沢山書かれていました。
日本の医療に対してズバズバと厳しいことを言ってくれてます。
とっても良いと思います!

医者いらずでじゃーどーすんのって

1日15分の運動(とくに上半身を鍛える)をして
食べすぎずに十分な睡眠を取り
怒らず感謝し朗らかに笑い
働きすぎず楽しすぎずノンストレスで生きよ。と

そんなの無理~~って場合は
せめて作り笑いでいいので笑顔になろう!と。

笑顔はガンも治すくらい生命力を活性化させてくれるようです。

私はこの本を読んで、笑える漫画を描いたら
コロナ禍で役に立つことが出来るかな?と思いました。

この記事を書いている人 - WRITER -
常夏さわや(tokonatsu sawaya) 1981年神戸市生まれ 現在埼玉県川口市で夫と二人暮らし。  まんが、イラストの受注製作をしています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© かきのタネ , 2021 All Rights Reserved.